Juss A Beat

  • 2008/11/19(水) 01:00:04

未だに盛況なサルベージです。
新しく興味を持った方もいらっしゃるようで、ネ実のサルスレは連日にぎわってますね。
僅かながらも助力しようかなと思いまして、サルベージにおける(僕の)赤の動きでも書いていこうかなと思います。
まずは、一番回数こなして慣れてるアラパゴ遺構から。
最初は戸惑うでしょうが、慣れれば2-6+BOSSも難なくいけます。というか恐らく、全遺構中一番楽です。
時間短縮のキーは赤の動きだと思うので、最初はできなくても、徐々にスピードを上げていってください。


MAPなどはまとまってて見やすいAir's Museumさまのものを。お世話になります。
突入したらまず北西からの殲滅になります。
最初の箱から必ず出る魔法・サポを取りましょう。主催によっては違うかも知れませんが、赤からがベターだと思います。
また、魔法2個出たら一番奥から、などの指示もありえますので、そこは臨機応変に。とはいえ、やることは同じです。
共通として、前衛1番手にヘイスト・ファラ2を。1層の時間が長いので、ファラ2の有無でけっこう差の出る遺構です。
ダメージが0から1桁になるので、リジェネやハイポ数個で十分な回復になります。
自己リフレは基本ですが、ヤグドリを使用すればもっとスピーディに動くことができます。Mさまがやってました。

さて、北西最初の部屋から殲滅すると仮定して話を進めます。
北西のクトゥルブは暗黒タイプですので、サイレスやディスペルは不要です。
キープ時も、自己ファラしておけば余裕でキープできますので、多めにきても慌てずに対処してください。
ポイズン2、バイオ2だけがやっかいなので、なるべく早く直します。
3体終わったら、次は通路の黒ラミア。順番は問いませんが、ディスペル・サイレス必須です。
魔法、というよりはアイススパイクがやっかいなので、すぐに消しましょう。魔法のダメ自体はさほどでもありません。
やわらかくてすぐ沈むので、すぐ次の部屋の黒ラミアも同じように釣ります。個人的におすすめはサイレス>ディスペルの順かな。立ち止まるとクトゥルブADDの可能性も増えますし。
後は特筆することがありません。先行して釣って、コントロールしましょう。
最奥の部屋の最後の1匹をやってるうちに引き返し、南西のクトゥルブを釣りに行きます。
最初の部屋の4匹をやって、骨のドロップ率を上げるノルマを越したことになります。厳密に言えば14でいいのですが、武器などは足りなくなりがちですので、16やってしまう場合が多いでしょう。
ここのクトゥルブは黒タイプなので、ラミアと同じでディスペル・サイレスが必須です。杖がないと若干サイレスが入り辛いですが、アイスパがかかっていなければ問題ないので、そこらの見切りはしてください。
続いて、南西通路のラミアをやります。ここは召喚で、ペットのエレが氷か闇です。氷の場合はスリプル、闇の場合はグラビデで親ごと釣ります。
ララバイもしくはリポーズがなくても、柔らかい召喚タイプはすぐ倒せるでしょう。
やってるうちに、部屋の中のコラミアを釣ります。なるべくクトゥルブに見つからないように。クトゥルブは不要なので、タイムロスになります。
コラミアだけ釣ったら、パーティに任せて南東に釣りにいきます。
南東からは骨とメローの混成になりますが、やることは大体同じです。
骨は暗と黒が混ざっており、それぞれ鎌が黒、棍棒が暗です。それぞれクトゥルブと同じ対応をしてください。
最初の部屋のメローは赤です。恐らく火急魔法が必要ということはないでしょうから、最後に残してディアガ>サイレス>スロウ2といった感じで弱体していくといいでしょう。
釣って通路あたりでディアガでもいいです。とにかく確実にブリンクをはがし、サイレスを入れたいところです。
北東には竜骨もいますが、こちらまで行くことはまずないでしょう。
インビュードの出具合を見ながら、白に北東ワープに行ってもらい、充足したところでワープします。
不足したインビュードは3層でも補えるため、よほど出ないということがない限り、折り返してまで取りに行く必要はないでしょう。
タイムは30分を切りたいところです。

2層です。おばけを2匹サイレスで釣ります。もちろんアイススパイクがありますので、ディスペルを忘れずに。
ここら当たりから1発が重くなります。が、戦闘も少なくなりますので、4層ギアまでは楽でしょう。
全キキルン共通で、たまにグラビデが入ります。試す価値はありますので、是非どうぞ。
3キキルンだけはやり方によっては入るとまずくなるため、方法を聞いて判断してください。

3層です。足りないインビュードを捕捉する場合、小部屋をやることがあるかも知れません。ここは主催の指示に従う/自分が主催なら判断する です。
補充する場合、先行して釣りをするのが望ましいですが、前述の通り攻撃が重くなっています。生体感知に気をつけてください。
1層のようにマッハで倒せたりはしないので、きっちり弱体を入れたほうがいいです。
小部屋を殲滅して逃げるキキルンを追う場合、グラビデが入るとおいしい思いができます。
が、現在主流なのは、キキルンがいる部屋の壁にはりつき作戦でしょう。方法は他に書いてあるでしょうから、省きます。グラビデは撃たないように。
その代わり存分に精霊を撃って、今までの鬱憤を晴らしてください。割と精霊通りますので、撃ちすぎてTAから死亡ということのないように。攻撃が地味に強く、一気に赤字まで持っていかれたりします。

4層です。サポ取り用のギアを先行して釣ります。魔法感知があるので、前に出すぎは危険です。シーフや詩人が釣ってくれるかも知れません。
小部屋掃除後、大部屋のギアもやります。ちょっと記憶があやふやですが、ドアはギアにリンクしなかったはず。
カニやキノコは、恐らくやらないとは思います。指示に従ってください。
ここのキキルンも、稀にグラビデが入ります。シタイプということもあり、入ればやっぱり嬉しいです。
イカNMの場合は魔法感知があるので絶対に前に出ないように。シか詩人に任せてください。
イカは大して強くなく、ガに気をつけて前衛がスタンWSを撃てば問題なくいけるのですが、
おばけNMはかなり強いです。ガはもちろん、即死WSのパーディション、フィアタッチ・テラータッチ・エクトスマッシュが1000超えのダメをたたき出すこともあるなど、恐ろしいです。
そもそもイカって闇の魔法が通らないので、やることないんですよね。
状態異常は、ヴァナモンさまのページを参考に、さっくり治してください。
NMなのでレプロベーションを使ってきますが、さほど怖くはないです。
お化けはきっちりスタンしていかないと、あっさり前衛が死んでしまうので、普通のWS禁止でもいいくらいだと思います。
ただ、こちらも赤にできることってあんまりないかも知れませんね。

5層です。サポ取り&掃除でギアを先行釣りします。
赤の場合、ドア開けを言われることはないでしょう。
キキルンは黒、特に言うこともありません。
戦車も他の遺構と変わりません。ドロップ期待しながら倒しましょう。白とパラナの担当を決めるとスムースです。

アラパゴのキーとも言えるのが、次の6層。
赤の役割は、とにかく寝かせです。自己ヘイストしてもいいかも知れません。
名残惜しくてもDLシャポーとリフレ胴を脱ぎ、WLシャポーDLタバードを着ましょう。
A.グラビティのヘヴィ直しも優先です。白だけじゃとても間に合わないです。恐らく釣りが詩人でしょうから、詩人のは率先して直しましょう。
あとはターゲッターの殴ってるギアにディア2か、余裕があれば3を。
スロウいらない、と以前言われたことがあるのですが、個人的にはしたほうがいいと思います。
6層はキャスト時間の問題のため、蝉1を使わないことが多いのですが、そうすると白のMPが持たないことが多いです。魔力があれば余裕はあるでしょうが……。
個人的に言わせてもらえれば、3以上のキープをすると他のことが散漫になりがちになってしまうので、過剰に釣るのはやめてほしいところです。
そこまで切羽詰った釣りをしなくても、標準の前衛なら間に合うはずです。
奥のほうにいることもあるのでエルメスがあればいいですが、それで全部ギアを持ってこられると正直言って無理、以外に言いようがないです。
ここはまあ詩人さんのコントロールに任せましょう。
レストラル連打!! とかなければ、4分くらいでギアを倒しきるはずです。
ドアは若干強いですが、2アビを使うので間に合うでしょう。
木が森になったら、無理かも知れません。運がなかったとして諦めましょう。
足掻きとして、精霊を撃つのは悪くないです。ただ、ダメージソースに数えるにはちょっと頼りないです。
キキルンは逃げルンなので、やっぱりグラビデが入ると時間短縮になります。

ボスの固有WSはモータルレボリューション。HPに気をつけていれば、即死まではいかないでしょう。
詩人が歌うときにも発生しえるので、回復は気をつけましょう。
ボスとしては弱いほうなので、練習のつもりでやりたいところです。
スロウ(あれば2)は絶対に切らさないように。パライズも効果的です。ディアは白に任せてもいいでしょう。ポイズンは余裕があれば。ブラインは、まあ……いらないでしょう。この辺りは全遺構共通でしょうね。
チャンスがあれば精霊も。ただ、スキル280いかない程度だとフルヒットが期待できないため、雀の涙になってしまうかも。
比較的ボス戦は余裕がありますので、WSなんかにも慣れてくださいね。ディスチャージの麻痺は最低限すぐ治すことを心がけてください。


うーんこんな感じでしょうか。気をつけてるのが主に1層なので、他の部分は文章量が少ないですね。
参考になれば幸いです。
リンクさせていただいたAir's Museumさま、Vana'diel Monsterさま、ありがとうございました。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

参考になりますです(⊃д⊂)
はぁがんばろう・・・
いつも迷惑かけてごめんえ

迷惑なんてとんでもないよ!
いっしょにがんばっていきまっしょい。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する